エストロゲンにはどういった効果が期待できるのか

エストロゲンにはどういった効果が期待できるのか

エストロゲンは、脳の視床下部の伝令に従い脳下垂体より性腺刺激ホルモンが放出され、卵巣から分泌される女性ホルモンです。
又、妊娠に備えて基礎体温を下げ子宮内膜を厚くする効果があり、自律神経や感情のコントロール、細胞の増殖促進、卵巣排卵制御などの形成や働きを調整する作用があります。

 

その為、加齢やストレス、過度の疲労などの理由により卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンの分泌量が減少し身体的症状だけで無く精神的症状を伴う更年期障害や若年性更年期障害などの自律神経失調症を発症するリスクが高くなります

 

 

エストロゲンは、糖質代謝制御作用やインスリン作用、善玉コレステロールを多くする作用で悪玉コレステロールを取り除き、心疾患や脳血管疾患の原因となる動脈硬化を抑制する作用があり、心臓自体を保護する効果もある事が判明しています。

 

又、血液中の余分なカルシウムを再吸収やカルシウムの吸収率を高める効果に加えて、歯や身体の骨から溶け出してしまうカルシウムを抑制したり、骨の新陳代謝時の骨の吸収速度を抑制する事で骨粗鬆症を予防する作用があります。
エストロゲンは、生理周期を調整するだけで無く、人間の身体の400の機能を司る非常に重要なホルモンです。

エストロゲンを多く含む食品