エストロゲンとは

エストロゲンとは卵胞ホルモンとも呼ばれ、女性ホルモンの一つです。
生理や妊娠に関係がある卵胞を育てる働きがあり、卵巣から分泌されています。

 

エストロゲンは生理の周期によって分泌量が変化します。
生理の終わりごろから分泌量が増え始め、排卵期に最も多くなります。
その後、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンが増え始め、次の生理に向かってエストロゲンは減少していきます。
妊娠した場合は妊娠を継続する為に2つの女性ホルモンは分泌量が増加します。
逆に更年期に差し掛かると卵巣の機能は低下しますが、それと同時にエストロゲンも急激に減少し、様々な症状が現れてきます。
自律神経が乱れるためイライラしたり、頭痛や腰痛、のぼせ、不眠といった症状が出てきます。
このように女性の体と密接な関係にあります。

 

作用としては卵胞の成長を促すほか、女性らしい体をつくる、着床しやすいように子宮内膜を厚くする、自律神経を整える、精子が受精しやすいよう、頸管の粘液を増やす、血管収縮を抑える、基礎体温を下げるということがあげられます。
正常に分泌されないと生理不順や無排卵の状態になることが多いため不妊症となることがあります。
更年期には骨粗鬆症や動脈硬化を引き起こすこともあります。

エストロゲンを多く含む食品